三井住友VISAゴールドカード

ゴールドカードの代表といえば、三井住友VISAゴールドカードですね。

年会費がいろいろ割引制度を利用すれば、4000円っていうのがいいですね。

付帯保険と、国内空港ラウンジが利用できて、200万円までの利用限度額なので、ゴールドカードの入門としてちょうどいいと思います。

ゴールドカードのステイタスとは

ゴールドカードを持っていることによるステイタスという考え方はもはや古いものなのかもしれません。
ステイタスという言葉は、日本において地位や身分という意味合いで使われることが多くあります。
たとえば高級外車に乗るだとか、高級な腕時計を身に付けたり、一流ブランドの服で着飾る。
自分は高収入である、あるいは高い役職にあると言ったことを、自分の所持しているものを人に見せることで周知させているといえます。
あまり良くない言い方では自慢だとか見栄っ張りといったところでしょうか。

クレジットカードにおいても、以前まではゴールドカードを所持するのは難しいといった考えが一般的でした。
しかし現在存在しているゴールドカードには、年会費がそれほど高くないものや、20代でも持つことができるものなど様々なものがあり、一概には取得や維持が難しいとは言えないものもあります。
仮にステイタス性を重視するとしたらプラチナカードと呼ばれるカードもありますが、年会費はゴールドカードの数倍は考えなくてはならなくなりません。

年会費無料のカードとプラチナカードを比べてみた場合には、日常の食品や生活用品、あるいは公共料金などの支払いにおいて大きな違いはありません。
大きな買い物をするといった場合には限度額といった問題もでてきますが、大抵の場合は限度額が低いカードであっても事足りてしまう場合がほとんどです。

ただし、海外での利用や保険といったサービスを重視するという場合には上位のカードに利用価値は高まります。
プラチナカードほどの高待遇を受けることはできなくとも、一定のサービスを受けることのできるゴールドカードというのはコストパフォーマンスに非常に優れているといえます。
また、どうしてもステイタス性を気にする方においても、金色のカードフェイスはさりげない存在感を醸し出し、日常使用においてもおすすめのカードといえるでしょう。

20代でもゴールドカードを持ちたい

20代であってもビジネスマンであればカードを利用する機会は多いと思います。
カードを利用するといった際には、例えば周りに同期の社員がいたり、後輩、オフの日では恋人と一緒にいるかもしれません。
そういった際に、サッとゴールドカードを取り出してスマートに会計をすませたいという気持ちは大変よくわかります。

ゴールドカードというと以前まで一定の年齢や年収をこえていなければ発行が難しいものと言われてきました。
しかし現在では若年者向けのゴールドカードというものが登場し、ゴールドカード取得への間口が広がりました。

若年者向けのゴールドカードとは厳密に言えばゴールドカードよりも少し下のランクになります。
例えば空港ラウンジが使えない場合があったり、保険のサービスなどではゴールドカードに比べて一部サービス面で劣る場合があります。
その分取得もしやすく、見た目はほぼゴールドカードで年会費も安く設定されている利点もあるために、通常のゴールドカードとの比較は難しい部分があります。そこでおすすめクレジットカードの中から選ぶといいと思います。

さらに若年者向けのゴールドカードは、将来的に通常のゴールドカードへアップグレードしたいといった場合にも、一定の年齢に達していればそのまま移行することができるという点もメリットとして挙げられます。
若いからゴールドカードは無理だ、と諦めてしまうよりも若年者向けゴールドカードからトライしてみるというのもひとつ手かもしれません。

法人向けゴールドカード

クレジットカードに法人向けがあるというのはご存じですか?
法人向けのクレジットカードには大きく分けると、主に大企業向けに発行されるコーポレートカード、個人事業主や中小企業向けに発行されるビジネスカードがあります。

経費として計上する出費を、法人向けカードで社員に支払いをさせることで、経費の明瞭化、管理面においてメリットがあります。
これは金額はもとより、誰が、いつといった事まで正確に記録されるためです。
そのため、特に運送系の会社であるとどの車両でどのくらいガソリンを使った、といったこともわかるために管理面においてメリットが際立ちます。
なお使用感などは個人向けのクレジットカードと大きな違いはなく、通常のクレジットカードとして利用可能です。

比較的作る機会があると思われるビジネスカードについて説明をさせていただくと、コーポレートカードが大企業向けであるのに対し、ビジネスカードというのは個人事業主や中小企業といった少人数向けであり、発行できる数も限られます。
審査基準も個人向けよりも厳しいものとなっており、設立から一定年数が経過していることと経営状態が良好であることが条件と言われています。
例えば、設立から5年経過しており、これまで黒字経営ができている、といった場合には審査に通りやすいということです。
また、ビジネスカードも個人向けのカードと同様にゴールドカードを選択することができ、一般カードに比べると限度額が高めに設定されていますが、その分審査も厳しいことには違いありません。